皮膚科での首イボの治し方は?

首イボが出来てしまった場合、皮膚科や美容整形外科で治療ができるようですが、どういった治し方があるのでしょう?

 

何も知らないまま病院を訪れるのはちょっと勇気がいりますよね?

 

首イボの治し方や完治までの期間、気になる費用をまとめてみましたのでご参考にしてください!

 

●液体窒素
マイナス200度程の液体窒素で首イボ表面の皮膚を壊死させる方法。
人によっては痛みが出る場合もあり、局所麻酔を用いる病院もあるようです。

 

保険が適用されるので安価でイボを治せるとあって利用する人が多い様です。

 

デメリットしては液体窒素が健康な皮膚にも影響を及ぼすため、周りの皮膚が黒ずんだり、色素沈着を起こす場合もあります。

 

 

【治療期間】
液体窒素によりイボ表面はやけどをおった状態となっており、10日から2週間程でかさぶたになります。
その時期を見計らってもう一度液体窒素を使う必要があるので2ヶ月程は期間を見る必要があります。
傷跡が元にもどるとなると更に期間が必要です。

 

【治療費】
保険が適用されるのでイボ1カ所につき数百円で済みます。
診察料、薬代は別途かかります。

 

 

●レーザー

 

イボにレーザーを数秒当てて組織を破壊する方法です。
レーザーは液体窒素よりもピンポイントで治療できるためイボ周辺の皮膚へのダメージは最少限で行えるので顔や首イボに最も適した治し方です。
局所麻酔を使用し痛みも少なくて良いですが、保険が適用されない為基本的には全額実費となります。
また、治療後の患部は日焼けをしやすいので1週間ほどは専用のテープなどで保護する必要があります。
紫外線量が多くなる初夏から夏場はさけた方が良いでしょう。

 

【治療期間】
一回の治療自体は数分で終わりますが、イボが数カ所にわたってある場合は数回の通院が必要となります。
新しく再生してきた皮膚に多少赤みが出ますが数ヶ月から半年で目立たなくなります。

 

【治療費用】
保険が利かないため一回の治療で診察代、薬代を含めると10,000円?50,000円程かかります。

 

 

●ハサミで切り取る

 

原始的な方法ではありますが小さいイボなら痛みも出血もなく問題なく行えます。
保険が適用されて、周りの皮膚も傷つけない為痕も残りにくいと言われていますが、傷口から菌が入ると炎症や化膿する可能性もあります。

 

【治療期間】
一回の5分程度の治療で終わります

 

【治療費用】
保険が適用されるのでイボ1カ所で数百円で済みます。
診察代、薬代を含めても1,000円程度です。

 

 

 

以上3つの首イボの治し方が多いようです。

 

費用やリスクなど治療法で違いますので自分にあった治し方を見つけてみて下さい。

関連ページ

いつの間にか増えてしまう首イボの原因とは?
いつの間にかポツポツと出来てしまった首イボは何が原因でしょう?気になる首イボの原因と予防法をお伝えします!
首イボの特効薬のヨクイニンって何?
首イボに効果があると成分と言えばヨクイニンですが、どのようなヨクイニンとは成分なのでしょう?首イボにどんな効果をだしてくれるのか調べてみました!
首のイボの取り方で知らなきゃいけないコト!
首のイボの取り方をお調べの方に的中な情報ここにアリ!首のイボの取り方を知りたい方にこそ読んでいただきたい!